ミヤネ屋で、

”お得に家や車を買う時期はいつ?”という興味深い話が紹介されました。

 

解説したのはミヤネ屋ではおなじみ、ファイナンシャルプランナーの山口京子さん。

 

車はともかく、家を買うって相当な覚悟が必要。

この記事ではお得になる家の購入時期についてまとめたので参考にしてくださいね。

Sponsored Links

 

 

家は消費税アップ前に買うのがお得?

家の購入を検討している人は、消費税アップの前に購入すべきなのかが気になりますよね。

 

この判断についてFP山口京子さんは、

親が金持ちかどうかによって分かれると解説。

消費税アップ後に購入するのがお得な人とは?

消費税アップ後に購入するのがお得になる人は、

 

親からの援助が700万円以上期待出来る人。

来年度中がおすすめ

※来年度中とは、2019年4月1日~2020年3月31日

 

理由は、

消費税率が10%上がってもお得になる制度があるため。

住宅取得等資金の贈与・非課税枠の拡大

2019年4月1日から、

住宅取得の資金を贈与してもらう場合の非課税枠が拡大されます。

 

消費税10%で住宅を購入する場合:

2019年3月31日までに購入すると、

・一般住宅 700万円まで

・省エネ住宅 1200万円まで

 

4月1日~2020年3月31日に購入すると、

・一般住宅 2500万円まで

・省エネ住宅 3000万円まで

 

上記金額までの贈与に関しては、税金がかからないですむということ。

つまり2500万とか3000万とか出してくれるお金持ちの親がいる人は、消費税が上がったあとで購入するほうがお得だということです。

 

なんだかお金のある人ばっかりお得になる制度に感じますが、

 

消費税枠拡大について山口京子さんによると、

現役世代の資金の移転をスムーズにして景気を回復させることが狙い。

消費税アップ後の冷え込みを防ごうというもの。

 

これまでも消費税アップ前に駆け込み購入者が増え、アップ後には冷え込んだという事も経験済みなので。

消費税増税対策制度もあり

消費税が10%に上がったあとでも増税分をカバーする制度が紹介されました。

 

1.住宅ローン控除拡大:

住宅ローンを組んだ人の住民税・所得税を控除する制度。

減税額→ 最大50万円(年間)

※省エネ等住宅の場合

 

 

・消費税8%の現在 →10年間

・消費税10%になると →13年間

※最大150万円の減税

 

現在の10年から13年に延長となります。

 

2.住まい給付金:

消費税増税に伴う負担を緩和するための給付金。

 

・消費税8%の現在 →最大で30万円給付&年収上限510万円

・消費税10%になると →最大で50万円給付&年収上限775万円

給付される金額も上がる上に年収の上限も拡大されるということです。

 

3.次世代型住宅ポイント:

省エネ・耐震性・家事負担などに対応する新築やリフォームをすると、商品と交換できるポイントが支給される計画もあります。

 

最大35万ポイントが支給

※1ポイント=1円相当

2019年度限定

Sponsored Links

消費税アップ前に購入するのがお得な人とは?

親からの援助が期待出来ない人の場合を、2つに分けたケースで紹介されました。

住宅ローンを組まずに購入する人:

今すぐ購入するのがお得!

消費税が8%のうちに購入するほうがお得になるのは当然ですね♪

住宅ローンを組んで購入する人:

ほとんどの人がこっちのケースだと思いますが、

購入のタイミングで条件が変化します。

 

家の引き渡し完了日が、

・消費税が上がる10月1日前のケース

・消費税が上がる10月1日後のケース

さらに、

消費税が上がった後でも、

・消費税が8%のケース

・消費税が10%のケース

が出てくるということです。

 

 

ケース1:

消費税が10%に上がる10月1日前までに家の引き渡しが完了した場合は、消費税は8%のまま。

ケース2:

3月31日までに工事請負契約が完了していれば、家の引き渡しが10月1日以降であっても、消費税は8%のまま。

ケース3:

4月1日以降に工事請負契約を完了し、家の引き渡しが10月1日以降の場合は、消費税は10%

中古物件や建売住宅を購入する場合は?

中古物件や建売住宅を購入する場合は、工事請負契約はないので9月30日までに引き渡しが完了しているかどうかで、消費税が変わってきます。

・10月1日前に引き渡しが完了→ 消費税は8%

・10月1日以降に引き渡しが完了→ 消費税は10%

今家を購入するのがお得な理由とは?

山口京子さんが今、家を購入するのをオススメする理由については、現在の金利が魅力的だと解説しています。

 

・現状金利は上がる要素よりも上がらない要素のほうが多い。

・通常大きいはずの変動金利と固定金利の差が小さい

※現在は両方とも金利が低い状態。

特に長期固定金利はとても魅力的❢

 

少しでも早く買っておいたほうがローンを減らしていけると言えるそうです。

まとめ

家を買うタイミングがいつならお得なのか。

今回は消費税が上がる10月1日前に購入したほうがお得なのか、10月1日以降に購入したほうがお得なのかについての解説でした。

 

消費税が10%になってから買うのがお得な人は、

・親からの援助が700万円以上期待できる人。

ただし来年度中(4月1日~2020年3月31日)に買うのがオススメ。

消費税が10%になってもお得になる制度があるため。

 

消費税が8%のうちに買うのがお得な人は、

・ローンを組まずに購入する人

・ローンを組む場合は、3月31日までに工事請負契約が完了している人。

 

現在は自分が住む意外に投資目的で購入する人も増えているそうです。

自分が住むにしろ投資目的にしろ、今買うのがオススメという結論でした。

 

今すぐ買いたい、買うつもりの人には良い情報だけど、まだもう少し先って言う人は焦ってしまう情報かも。

 

家はとんでもなく高い買い物なので、

少しでも無理があったら諦める勇気も必要ですね。

 

こちらもご覧ください↓

車はいつ買うのが得?FPおすすめお得に買う時期【ミヤネ屋】

Sponsored Links