家にいる時に雷鳴ったら皆さんどうしてますか?

雷鳴ってもパソコンしてたり、お風呂入ったり、洗い物したりなど、何も気にせず過ごしていませんか?

 

この記事では、「アップデート大学」という番組で紹介された、自宅に落雷、感電した女性に起こったことをまとめています。

 

・感電が起きた状況

・感電したらどうなる?

・家と外の落雷対策

などなど、チェックしてみてくださいね♪

自宅に落雷して感電した女性とは?

自宅で感電したのは、

千葉県八千代市に住むボーカル講師のミナキさん。

ミナキさんのツイッター↓

自宅に落雷&感電した女性に起きた事とは?

ミナキさんは、

雷が落ちた日も自宅でボーカルレッスンの指導をしていました。

 

2015年8月5日、千葉県八千代市は激しい落雷と100㎜の記録的豪雨、

この日は、かなりの音痴というウメノさんにマンツーマンのレッスン中。

 

途中アドバイスの為中断したその時、

轟音とともに、自宅に落雷!

落雷で体が吹っ飛んだ

落雷の瞬間、生徒さんとともに後方に2mほど吹っ飛んだミナキさん。

何と、雷の稲妻は窓を突き抜け、ミナキさんの右腕を直撃しました。

稲妻が直撃した右腕はどうなった?

稲妻が直撃した右腕は、

肘までが全く動かない状態、

10分後には、白くパンパンになって、

指紋が無くなるほど腫れた状態になり、指先には赤い点々が。。。

レッスン再開

普通ならあわてて病院へ駆け込むと思いますが、実は大の病院嫌いというミナキさん。

 

せっかく生徒さんがレッスンを受けに来ているし、そのうち右手も動くだろうと、そのままレッスンを再開します。

落雷でドアノブがビリッ!

そのままレッスンを続けていたミナキさんの自宅へ、もう一人の生徒のサクライさんが到着。

 

落雷の話を聞いたサクライさんいわく、「ドアノブを触ったらビリっときたからおかしいと思った」と。

 

専門家によると、

雷が地面に落ちると、電気があたり一面にたまった状態となり、ドアノブにも帯電していたのではないかという解説でした。

6時間後にやっと病院へ

6時間たっても全く腕が動かなかったミナキさんでしたが、さすがに不安になり、ようやく対処することに。

 

まずは電力会社へ電話して右腕について相談。

電力会社からは「感電ですね」と簡単な回答。

納得がいかず、電気屋を営む生徒さんに電話して相談。

やはり「感電です」と言われ、ようやく病院へ行く決心がついたそうです。

 

病院での診断も、「感電です」と。

病名「電撃傷」

電撃傷とは、

肉体の内部から火傷をしているような状態。

 

見た目では重症度が判断できず、時間の経過とともに損傷が拡大することもあるそうです。

 

ミナキさんの今回の右手は電撃傷と診断されましたが、6時間もほっておいてしまったのに大丈夫だったのでしょうか。

電撃傷の治療を拒否!

 

医師から注射を2本打つことを勧められるも何と拒否!

さらには処方された薬も怖くて飲まなかったミナキさんでしたが、1ヶ月後には無事完治となりました。

 

それでも、右手が動いたのが1ヵ月後。

もっと早く病院へ行き、注射による治療を受けていたらもっと早く治っていたかも?ということでした。

 

ミナキさんが感電してすごい困ったことは、治るまで手が使えずメイクが出来なかったことなのだそう。

女性ですね~~✿

 

今回のミナキさんのケースは本当にレアなケースで、かなりラッキーだったようです。

(絶対真似しちゃダメ!)

きっとすごい強運の持ち主なのかもしれません。

Sponsored Links

雷サージで壊れた家電

落雷の被害は、ミナキさんの右腕だけではありませんでした。

落雷による雷サージで、家電製品も壊れたそうです。

 

雷サージとは、

落雷で発生する「異常電圧」と「異常電流」のことで、電線などから伝わり、家電にダメージを与えること。

ミナキさんの家の家電製品

・エアコン
・シャンデリア
・テレビ
・シンセサイザーなど

この中で壊れたものは、

なんとシンセサイザーの「シ」の音だけという超ラッキー。

どこまで運が良いのでしょうか!

落雷事故の被害は火災保険適用

ちなみに落雷事故で被害にあった場合、契約内容にもよりますが、火災保険が適用されるとのこと。

 

ただし、保険会社によっては、

「気象証明」というのものが必要になる事も。

 

 

気象証明は5300円で発行してもらうことが出来るそうです。

ですが、被害に遭わないためには、対策が必要です。

落雷対策:自宅編

雷が激しい時、

①まずするべきことは、家じゅうの家電製品のコンセントを抜くこと。

でもこれって中々大変そう。。。

パソコンとかの精密機器にはサージプロテクターがあると安心ですね。

②次に自分の身を守るために家の窓や壁に近づかない

これは、雷が壁から侵入して来たり、屋上から壁に伝わってきたり、ミナキさんのように窓から直撃されたりなどがあるためということです。

③水回りに近づかない

水は電気を通すので、水回りから感電することがあるそうです。

なので、雷が鳴っている最中に入浴などとんでもない危険行為なのだそう。

つまり、洗い物もNGです。

落雷対策 屋外編:雷しゃがみ

外にいた場合、逃げ込む建物がない時は、

対策①:電柱と電柱の間の電線の下かつ、電柱からの距離4ⅿ以上離れた位置に入る。

 

つまり、自分から電柱を見上げた時に45度の範囲に入っていれば安全ということです。

この保護範囲に入っていれば、電柱に当たった雷の巻き添えにならず、頭上に落ちても雷が電線に逃げてくれるそうです。

電線の下は何となく怖い気がしますが、かえって安全なんですね。

 

対策②:雷しゃがみをする。

次に電柱も何もない時は、雷しゃがみが有効。

雷しゃがみとは、

アメリカの落雷が多い地区のハイキングやキャンプに出向く際の雷対策におススメのポージング。

やり方は、

1.頭を下向きにしてかがむ。

2.鼓膜を手で塞ぐように両手で耳をふさぐ。

3.両足のかかとを合わせてつま先で立つ。

 

※このポージングの一番のハードルは、かかと同士を付けたうえに、かかとを浮かせた状態を保つこと。

かかとをつける事で雷がかかとを通って反対側へ抜ける。

かかとを地面から浮かせる事で地面と接触する面積を小さくすることが出来るというわけです。

 

 

やってみると、すごくつらい姿勢なのでグラグラします。

1分もできないかも。。。

この姿勢で雷がやむまで保つのは無理です、絶対!

 

地面に伏せるのは危険?

突っ立っているよりも地面に伏せたほうが安全な気がしますよね。

でも、地面に伏せてしまうのは地面と接する面積が大きくなるため、かなり危険な行為だそうです。

落雷で死亡するケースも多い

雷に打たれた被害者の数は年間平均19名ほど、死亡率はそのうちの70%にもなるそうです。

湘南工科大学の成田教授によると、

落雷にあった場合、心臓に伝わり死亡することも多く、今回のケースはかなり運が良かったケースと言えるそうです。

 

ミナキさんは明るく人柄の良さを感じさせる女性だったので、幸運も人一倍訪れたのかもしれませんね。