ランドセルや勉強机の売れる時期がどんどん早まっているそうですね。

 

今日のがっちりマンデーでも、学習机が紹介されました。

テーマは「コンパクト」

 

狭い住宅事情に特化したデスクを上手に配置することで、子供の勉強効率のアップをはかるというもの。

番組内容を記事にまとめたので、チェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

ACTUSのコンパクトデスク

全国で27店舗を展開するACTUSは、ヨーロッパ家具を中心としたインテリアショップです。

ACTUSのHPはこちら

 

がっちりマンデー!で紹介されたACTUSの学習机は、なんと、5年間で5億円も売れているそう!

1年間で1億円も売れている人気の理由は、「奥行きの狭さ」

 

通常の学習机の奥行きは70cm程度が多いところ、こちらのデスクは52cm。

一般的なデスクより20cmも狭くなってます。

 

 

オプションでつけられる棚もシンプル!

 

さらにさらに、奥行き50cmバージョンもあり、形も超シンプルになって大ヒットしたそう。

コンパクトディスクは3種類

小さい学習机シリーズは全3種類。

・VARIO

 

・SARCLE

 

・MEZZO

 

 

累計売上額はなんと、20億2700万円!

なぜこれほど奥行きの小さいデスクが売れるのか?

狭いリビングへの配置

実際にACTUSでコンパクトなデスクを購入した人の家を見てみると、

リビングに置いて使われてました。

 

なんかすごくリビングに馴染んでますね。

鈴木さんがこのデスクを選んだ理由は、リビングにおける奥行きだったから。

 

狭い日本の住宅事情だと、大きいデスクをリビングに置くのは難しいですが、奥行きが狭いことでリビングを圧迫すること無く配置することが可能。

おまけにシンプルなデザインなので、インテリアを壊すこともなくお洒落♪

 

Sponsored Links

何故リビングなの?

リビングだと、大人がすぐそばにいるから。

・わからないところをすぐ親に聞ける。

・親もそばで勉強を見てあげられる。

・親にとってもどのくらい勉強しているかよくわかる。

・子ども部屋だとおもちゃやゲームなど気が散ってしまう。

などなど。

 

ホンマでっかTVで見た内容によると、自分の部屋がない子供のほうが社交的になる傾向があるそうです。

こちらの記事にまとめています。↓

【ホンマでっか】良い家悪い家|病気しやすい&子供に悪い&女性に良い家とは?

リビング学習で成績アップ!

最近は、親の目が届くリビングで勉強するほうが成績が上がると言われる、「リビング学習」がトレンドになっているそう。

小さい学習机は、このリビング学習にぴったりということで大ヒットしたんですね。

親の座るスペース付き

そしてただ小さいだけではなく、納得の機能も備えていました。

 

たとえば、片方に足を入れるスペースがあるタイプだと、親が横に座って勉強を見る時に座りやすいのです。

デザイン

ACTUS学習机のデザインの特徴は、

・フローリングにマッチする素材

・シンプルなデザイン

なので子供が巣立った後も、大人がPCやちょっとした作業デスクとしても無理なく使えて便利。

 

また、鈴木さん宅の配置の良い点は、ご飯の時間になると、椅子の向きを変えるだけで食卓に向かうことが出来てしまうこと。

ちょっと笑ってしまいますが、これも狭いならではのメリット!

 

狭い狭いと連呼してしまいましたが、番組に登場した鈴木さん宅は決して狭いリビングというわけではありませんよね。

もっと狭いリビングのほうが多いかも。

そうなると、ACTUSのデスクでもおけないかもしれませんが、食卓の片隅でも親のそばで勉強するほうがメリットは大きいのかな?

 

こちらのデスクも奥行き56cmとコンパクトサイズ、

棚も別個に収納棚として使えるので色々な使い方が出来そうですね。

 

私も勉強部屋というか自分の部屋が出来たのは中学生になってから。

姉と一緒でしたが。

 

それまではいわゆるちゃぶ台で、お菓子食べながら宿題やっていた記憶があります。

子ども部屋に引っ込むより、家族と一緒に過ごせる時期は出来るだけ一緒にいたほうが良いかも。

社交性が育つということなので。

 

大きくなったら、ご飯が終われば早々に自分の部屋に引っ込んでしまいますもんね。

コテコテと大きな収納棚がついたデスクの時代は終わりなのかもしれません。

 

シンプルでお洒落、インテリアを壊さない。

大人になっても学習机の処分に頭を悩ませない。

たくさんのメリットのあるコンパクトデスクの紹介でした♪

Sponsored Links