地震が来るたびに、

部屋の家具の耐震を強化しなきゃ。

 

そう思いながら、

どんな耐震アイテムが効果的なのか悩みますよね。

私も散々悩みながら現在に至ります。

 

家具がすべて背の低い家具なら一番安心ですが、

そういうわけにもいかず。

 

試行錯誤しながら、

家具の耐震強化をしています。

 

この記事では、

ジャッキタイプの家具転倒防止ダンボール「耐震君」について、

記事をまとめました。

 

耐震ダンボールについて興味ある方は、

参考にしてくださいね♪

Sponsored Links

 

突っ張り棒&突っ張り板を経て耐震ダンボールへ

私も長年突っ張り棒や板を駆使して、

耐震強化をしてきました。

 

突っ張り棒や突っ張り板についての記事はこちらにまとめてあります↓

家具転倒防止効果を検証、突っ張り棒と箱と板を比較

 

そんな中3.11の長周期の揺れを経験し、

壁に直接固定する方法なども取り入れましたが、

難あって新たな耐震ダンボールを試すことになりました。

 

それがジャッキタイプの耐震ダンボール「耐震君」です。

耐震ダンボール・耐震君とは?

耐震君は、

家具と天井の隙間サイズに合わせてダンボールを積み重ね、

ジャッキアップして調整する耐震アイテムです。

(隙間サイズによっては、ジャッキ機材が入ったダンボール1個で済む場合もあり。)

 

届いた時の状態は、当然ですが、

ダンボール梱包の中に、耐震ダンボール・耐震君が入ってます。

私は耐震君高さ61cm~74cmタイプタイプを購入、

ジャッキアップ機材の入ったダンボールと空のダンボールが2個、

説明書とドライバーが付いてました。

耐震君の構造は?

耐震君の構造は、

一番下にくるダンボールの中にジャッキタイプの機材が入っています。

一番下にくるダンボール↓

 

ジャッキタイプの機材↓

上下を板で挟む形の構成になっています。

 

上に来るダンボール↓

 

ダンボールの中↓

 

上の箱の中身は、仕切りのついた普通のダンボール箱といった感じですね。

どうせなら何か小物でも収納したくなりますが、

取り出そうと思った時に一手間かかる覚悟が必要かも。

ジャッキアップの方法は?

ダンボールをセットしたら、

あとはジャッキアップするだけ。

 

付属のドライバーで、

前面のネジを回して調節していきます。

耐震君を設置してみた

設置する家具は、食器棚と本棚。

食器棚の上の天井はコンクリート直張り、

本棚の上の天井は石膏ボードになってます。

 

食器棚のサイズは、

幅80cm、奥行き40cm、高さ200cm

天井と食器棚の隙間は67.5cm

 

本棚のサイズは、

幅50cm、奥行き40cm、高さ200cmが2個

天井と食器棚の隙間は19.5cm

食器棚に耐震君を設置

まずは食器棚から。

最初は食器棚の真ん中に設置。

(突っ張り棒がまだ残ってますが。)

 

食器棚の幅80cmあるので、

横向きに設置してみました。

 

ジャッキアップしてみると、

かなりがっしりと固定される感じで良い感じ♪

良いかも。

 

あれ?

なんか。。。天板がしなってる?

 

見落としてました。

この食器棚、天板の厚さが1.5cmと薄い上に、

乗っているタイプではなく、両側の板で挟み込んでいる構造なのです。

 

食器棚の天板、中心部分が、

ジャッキアップによって下向きにしなってしまいました。

 

せっかく天井がコンクリート直張りで、

思い切りジャッキアップ出来ると思ったのに、

これでは天板が側板から外れてしまう恐れもあり。

う~~~ん。。。。何とも残念。

 

考えた末、

右端に寄せて側板にかぶせるように設置しました。

中央を避けた事と、側板にかぶせたことで95%くらいの力で固定することが出来ていると思います。

 

耐震君ではなく、天板の強度という点ではちょっと残念。

天井が直張りか石膏ボードかも大事ですが、天板の強度や構造も大事ですね。

 

もし食器棚の天板の強度がしっかりしていたら、

幅広の家具の場合、左右を固定すると完璧かも。

本棚に設置してみた

最初に食器棚の分を購入、

その後気に入ったので本棚の方も追加で購入しました。

 

実は、本棚の天井部分は石膏ボードで、

おまけにこわれかけて傾いているヨロヨロ状態なのです。

 

突っ張り系の耐震アイテムを設置して、まっすぐに保ってましたが、

震度3程度を繰り返すとわずかに動いて傾いてしまうという状態。

耐震君のダンボールの高さは21cm、

この本棚と天井の隙間は20.5cm。

 

無理やりねじ込めばジャッキ無しで使えるかな?と思いましたが、

やはり無理でした。

 

考えた末、フタを外したら何とか入りました。

 

一応ジャッキアップのネジをほんのわずかに回して設置することができました。

2本の本棚両方に掛かる位置で、傾きの激しい方に寄せました。

 

食器棚のほうは、木色に合わせてプレーンなカラーを選びましたが、

本棚のほうは、白なのでグレーをチョイス。

白なのでグレーだと目立ちますね。

白もあったら良かったのに。

耐震段ボール・耐震君のサイズと組み合わせ

ジャッキボックスと収納ボックスそれぞれのサイズは、

ジャッキボックス 幅36cm 奥行き41cm 高さ21~34cm

収納ボックス 幅35cm 奥行き40cm 高さ20cmまたは30cm

 

ジャッキボックスと収納ボックスの組み合わせで、数パターン販売していますね。

21~34cm ジャッキボックス1個

41~54cm ジャッキボックス1個+収納ボックス(20cm)1個

51~64cm ジャッキボックス1個+収納ボックス(30cm)1個

61~74cm ジャッキボックス1個+収納ボックス(20cm)2個

71~84cm ジャッキボックス1個+収納ボックス(20cm・30cm)各1個

81~94cm ジャッキボックス1個+収納ボックス30cm2個

 

隙間が21cm以下の場合は使えませんが、

かなりの高さまで対応可能です。

耐震君の効果は?

このあと震度3とかありましたが、

今の所ずれたりしていません。

どんな転倒防止グッズを使ったとしても大きな地震が来たときにどうなるのかは想像でしかなく。

ただ、突っ張り棒よりは設置面が多い事と、しっかりジャッキアップ出来る点は良いのではないかと思ってます。

賃貸の場合、

耐震アイテムによっては天井にあとがついてしまったり、凹みを作ってしまったりなどが心配ですよね。

石膏ボードの場合、

突っ張る加減も必要ですが、あとが残りにくい、凹みにくい物を選ぶ必要があります。

 

今現在の私の評価では、

突っ張り棒<突っ張り板<耐震君<壁に固定

こんなイメージ。

 

壁に固定出来たらそれが一番ですが、

それが出来ないケースが多いのが悩ましいところです。

 

 

家具を配置する向きは、

倒れにくい方向を選ぶことも重要です。

倒れにくい方向についてはこちらの記事をご覧ください↓

地震で倒れにくい家具の配置は向きが重要!揺れる方向を確認しよう

Sponsored Links