奥行き65cm以下の薄型大容量冷蔵庫ランキング2021!

薄型で大容量の冷蔵庫が欲しい!

希望は400㍑以上で奥行き60cm。

でも悲しいことに2021年現在、

60cm以下の奥行きで400㍑以上の冷蔵庫はありません(;_;)

ということで、

400㍑以上で奥行き65cm以下の薄型冷蔵庫を集めてみました。

薄型冷蔵庫をお探しの方は参考になさってくださいね♪

目次

奥行きが薄い大容量薄型冷蔵のランキング!

奥行き65cm以下で400㍑以上という条件で、東芝・三菱・日立・パナソニック・シャープ・AQUAの6メーカーから、奥行きが薄い順にランキングを作成しました!

容量、年間電気代、価格などと合わせて比較してみてくださいね。

据付寸法表を添付しているので、置き場所に設置可能かどうかも必ずチェックしてください。

1位:シャープ【奥行き630mm457L】SJ-MW46H

シャープSJ-MW46H商品ページはこちら

発売日2021年5月18日
型番SJ-MW46H 価格.com商品ページ
容量457L(冷蔵室240L・製氷室20L・上段冷凍室27L・下段冷凍室88L・野菜室82L)
サイズ幅650 mm 奥行630 mm 高さ1,838 mm
カラー2色:ダークメタルグレー(H)ライトメタル(S)
年間消費電力263kWh-7,101円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率101%(2021年度)
左右開き 5ドア
SJ-MW46H 詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

SJ-MW46H 最小設置スペース

これまで奥行きサイズ、大容量、省エネ率ともに、一位だったパナソニックを抜いているシャープ。

特徴としては、左右どちらからでも開く左右開きになってます。

あとはお値段をチェックですね。

1位:シャープ【奥行き630mm457L】SJ-MF46H

シャープSJ-MF46H商品ページはこちら

発売日2020年3月11日
型番SJ-MF46H 価格.com商品ページ
容量457L(冷蔵室240L・製氷室20L・上段冷凍室27L・下段冷凍室88L・野菜室82L)
サイズ幅650 mm 奥行630 mm 高さ1,838 mm
カラー2色:ダークメタルグレー(H)ライトメタル(S)
年間消費電力263kWh-7,101円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率101%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
SJ-MF46H詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

SJ-MF46H 最小設置スペース

MW46Hは左右どっちでも開きでしたが。こちらはフレンチドアで観音開きになってます。

2位:パナソニック【奥行き633mm451L】NR-FVF456

パナソニック NR-FVF456商品ページはこちら

発売日2020年10月下旬
型番NR-FVF456 価格.com商品ページ
容量451L(冷蔵室232L・製氷室14L・上段冷凍室26L・下段冷凍室84L・野菜室95L)
サイズ幅685 mm 奥行633 mm 高さ1,828 mm
カラーハーモニーホワイト 1色のみ
年間消費電力390kWh-10530円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率67%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
NR-FVF456 最小設置スペース

詳しい設置スペースはこちら↓

NR-FVF456 最小設置スペース

2020年10月発売モデルで、メーカーサイトでは「在庫僅か」となっています。

5つのメーカーの中で奥行が一番薄いパナソニックですが、他のメーカーに比べて省エネ基準達成率が一番低いのも特徴。

電気代が気になるところです。

3位:AQUA【奥行き635mm512L】AQR-TZ42K

AQUA AQR-TZ42K商品ページはこちら

発売日2021年 4月中旬
型番AQR-TZ42K 価格.com商品ページ
容量420L(冷蔵室274L・冷凍室146L)
サイズ幅700mm 奥行635mm 高さ1825mm
カラーサテンシルバー(S)ダークウッドブラウン(T)
年間消費電力270 kWh-7,290円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率101%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 4ドア
AQR-TZ42K 詳細

これまでは、512Lという圧倒的大容量で奥行き635mmしか選択肢がありませんでしたが、420Lが登場。

500Lクラスは大きすぎというお家にも、ちょうどよいサイズですね。

※AQR-TZ51Jは生産終了品となっています。

詳しい据え付け寸法は、置き場所のケース別にAQUAの商品ページに詳しく出ています

42Kのところを参照してくださいね。

4位:日立【奥行き649mm475L】R-HW48R

日立R-HW48R商品ページはこちら

発売日2021年3月11日
型番R-HW48R 価格.com商品ページ
容量478L(冷蔵室247L・製氷室20L・上段冷凍室25L・下段冷凍室96L・野菜室90L)
サイズ幅650mm 奥行649mm 高さ1833mm(ハンドル・脚カバー含む:651 mm)
カラークリスタルホワイト(XW) クリスタルシャンパン(XN)
年間消費電力275kWh-7245円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率100%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
R-HW48R 詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

R-HW48R 最小設置スペース

奥行きはパナソニックに比べて1.6cm大きめですが、容量や省エネ率では日立のほうが上。

あとは価格でしょうか。

5位:東芝【奥行き649mm462L】GR-T460FH

東芝GR-T460FH商品ページはこちら

発売日2021年5月
型番GR-T460FH 価格.com商品ページ
容量462L(冷蔵室237L・製氷室18L・冷凍室104L・野菜室103L)
サイズ幅650mm 奥行649mm 高さ1833mm(ハンドル・脚カバー含む:652 mm)
カラーラピスアイボリー(ZC)グランホワイト(EW)
年間消費電力245kWh-6,615円/年(60Hz )
省エネ基準達成率108%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
GR-T460FH 詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

GR-T460FH 最小設置スペース

21年5月発売の新商品です。

サイズ容量ともに、これまでのものと変わりなし。

省エネ率が8%上がったことと、カラーが異なってますね。

5位:東芝【奥行き649mm461L】GR-T460FZ

東芝GR-T460FZ商品ページはこちら

発売日2021年4月
型番GR-T460FZ 価格.com商品ページ
容量461L(冷蔵室236L・製氷室18L・冷凍室104L・野菜室103L)
サイズ幅650mm 奥行649mm 高さ1833mm(ハンドル・脚カバー含む:652 mm)
カラーアッシュグレー(ZH)グレインアイボリー(UC)クリアグレインホワイト(UW)
年間消費電力241kWh-6507円/年(60Hz )
省エネ基準達成率109%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
GR-T460FZ 詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

GR-T460FZ 最小設置スペース

6位:三菱【奥行き650mm容量470L】MR-WX47G

三菱MR-WX47G商品ページはこちら

発売日2021年4月23日
型番MR-WX47G 価格.com商品ページ
容量470L(冷蔵室254L・製氷室21L・切替室27L・冷凍室80L・野菜室88L)
サイズ幅650mm 奥行650mm 高さ1821mm(ハンドル・脚カバー含む:651 mm)
カラーグレイングレージュ(C)クリスタルホワイト(W)
年間消費電力258kWh-6,966円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率103%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
MR-WX47G 詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

MR-WX47G最小設置スペース

6位:三菱【奥行き650mm容量455L】MR-MX46G

三菱MR-WX46G商品ページはこちら

発売日2021年2月1日
型番MR-MX46G 価格.com商品ページ
容量455L(冷蔵室247L・製氷室16L・切替室274・冷凍室80L・野菜室88L)
サイズ幅650mm 奥行650mm 高さ1821mm(脚カバー含む:651 mm)
カラーグレイングレージュ(C)クリスタルホワイト(W)
年間消費電力258kWh-6966円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率101%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
MR-MX46G 詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

MR-MX46G最小設置スペース

7位:日立冷蔵庫【奥行き651mm容量475L】R-H48N

日立R-H48N商品ページはこちら

発売日2020年 10月下旬
型番R-H48N 価格.com商品ページ
容量475L(冷蔵室245L・製氷室20L・冷凍室120L・野菜室90L)
サイズ幅650mm 奥行651mm 高さ1833mm(ハンドル・脚カバー含む:660 mm)
カラーシャンパン(N)
年間消費電力274kWh-7398円/年(50Hz・60Hz )
省エネ基準達成率100%(2021年度)
フレンチドア(観音開き) 6ドア
R-H48N詳細

詳しい据え付け寸法はこちら↓

R-H48N最小設置スペース

最後は奥行き651mmなので650mm以下の条件から外れてしまいますが、誤差の範囲なのでランキングに入れてみました。

奥行きが薄い大容量冷蔵庫の年間消費電力ランキング!

こちらは、年間消費電力のランキング表になります。

奥行きと合わせて比較検討の参考にしてくださいね。

メーカー年間消費電力&電気代省エネ基準達成率(2021年度)
1位東芝 GR-T460FZ241kWh-6507円/年109%
2位三菱 MR-WX47G258kWh-6966円/年103%
2位三菱 MR-MX46G250Wh-6966円/年101%
3位シャープ SJ-MW46H263 kWh-7101円/年101%
3位シャープ SJ-MF46H263 kWh-7101円/年101%
4位東芝 GR-T460FH264Wh-7128円/年100%
5位日立 R-HW48R275kWh-7245円/年100%
6位AQUA AQR-TZ42K270 kWh-7290円/年103%
7位日立 R-H48N274kWh-7398円/年100%
8位パナソニック NR-FVF456390kWh-10530円/年67%
年間消費電力の比較表

奥行きで見たランキングとはガラッと順位が変わりますよね。

東芝、三菱が優秀!

パナソニックは新機種が出てもやはり省エネ率が低く、年間電気代が1万円超えとなっています。

パナソニック・日立・東芝・三菱・AQUAの冷蔵庫比較表

奥行きサイズと年間省エネ率のランキングを見てきました。

最後に、横幅や容量、冷凍室の大きさなど、様々な条件での比較が出来るように比較表を作ってみました。

※横にスクロールしながらご覧ください。

スクロールできます
メーカーシャープシャープパナソニック日立日立東芝東芝三菱三菱AQUA
型番SJ-MW46HSJ-MF46HNR-FVF456R-X48NR-HW48RGR-T460FZGR-T460FHMR-WX47GMR-MX46GAQR-TZ42K
発売日2021/5/182020/3/1120/10下3月20日2021/3/114月21日2021/5/182021/4/232021/2/14月21日
容量457L457L451L475L478L461L462L470L455L420L
冷蔵室240L240L232L254L247L236L237L254L247L274L
製氷室20L20L14L18L20L18L18L21L16L 
冷凍庫115L115L110L115L121L104L104L107L101L146L
野菜室82L82L95L88L90L103L103L88L88L 
650mm650mm685mm685mm650mm650mm650mm650mm650mm700mm
奥行き630mm630mm633mm649mm649mm649mm649mm650mm650mm635mm
高さ1838mm1838mm1828mm1818mm1833mm1833mm1833mm1821mm1826mm1825mm
カラー2色2色1色2色2色3色2色2色2色2色
年間電気代7101円7101円10530円7344円7245円6507円7128円6966円6966円7290円
省エネ率101%101%67%100%100%109%100%103%101%101%

まとめ

まとめてみると、

奥行きサイズ最小:

シャープ (SJ-MW46H)630mm

シャープ(SJ-MF46H)630mm

年間電気代最安:

東芝 GR-T460FZ 6,507円

三菱 MR-WX47G 6,966円

大容量:

日立 (R-HW48R)478L

冷凍庫サイズ:

AQUA (AQR-TZ42K)146L

このような結果になりました。

AQUAは、42Kの前に512Lのサイズがありましたが、現在は生産終了となってます。

今後また大容量の500Lクラスのものが出るんでしょうかね。

パナソニックのウエブサイトを見てみると、新商品の中には400L以上薄型タイプはありませんでした。

これまでの薄型タイプでも省エネ率は高いままだったので、もしかすると薄型冷蔵庫の企画はやめてしまったのかな?

冷蔵庫は、10年くらいで買い換えるのが一般的と聞きます。

だとすると、年間電気代10530円と6966円との差額3564円を10年使用した場合を見てみると、35,640円。

実際どのくらいの年数使えるのかは未知だし、この通りに電気代が繁栄されるのもわかりませんが、ひとつの指標にしてみてもいいのかな?と思いました。

我家のキッチンの25年使用していた冷蔵庫の奥行は400Lサイズで60cmという極薄サイズのパナソニック製。

購入時はナショナルでした。

60㎝の奥行を超えるとキッチンの窓にかぶってくるので2021年まで使い続け、薄型を探しまくっていたわけです。

そして悩みに悩んで、サイズダウンしてAQUAの350Lにしました。

25年目の買い替えでしたが、400Lと比べると大差はなく使い勝手も良かったです。

いっそもっとミニマルなくらしを目指して。。。と思いましたが、ある程度は食材を確保しておくことも今の時代は大切だな~と思いました。

以上です♪

冷蔵庫探しの参考にしていただけたら嬉しいです。

※この記事では、あくまでも冷蔵庫のスペックについてのランキングと比較としてまとめています。

詳しい機能については、リンク先のメーカーサイトをご覧くださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 情報ありがとうございます。我が家は奥行55CMです。東芝製10数年前にやっと見つけました。左側がすべて冷凍庫という5ドア、あまり見ない形で安く替えました。備品がなくなるというので、中の棚などは買い置きをしたのですが、ゴムパッキンがやられてきました。最近奥行が薄いものがまた復活してきているようなので、もう少し様子見ようか悩んでいます。電気代だけでは、図りきれないことってありますよね~。収まりはもちろんのこと動線や作業のしやすさって毎日の事ですから・・・

    • コメントありがとうございます(^^)

      奥行き55cmという薄さに加えて左側がすべて冷凍庫とは、かなりレアなデザインですね。
      今は大型だと63cmが最薄のようですが、今後さらなる薄型が登場してくれることを祈りたいです。

      我が家の奥行き60cmの冷蔵庫は25年目を迎え、今月やっと買い替えに至りました。
      サイズダウンと奥行き66cmで妥協、省エネ達成率も高めですが悩みに悩んで決めた次第です。

      ぽのみさんも希望通りの冷蔵庫が見つかるといいですね。
      また遊びにいらしてくださいね~☆

コメントを残す

目次
閉じる